2015年05月21日

スタノゾロール ベン・ジョンソン使用で有名

スタノゾロール (Stanozolol) は、ジヒドロテストステロン由来のアナボリックステロイドです。ウィンストロール(経口)やウィンストロール・デポ(筋肉)の名称で商業的に販売されています。

アナボリックステロイドの中では比較的副作用が少ないために、ボディビルダーやスポーツ選手に一般的に使用されています。
ダイエット時に、脂肪は減らすけど筋肉を減らしたくない時などにも使われるようです。

ベン・ジョンソンが使って有名になったやつで、陸上競技にも効果が高いと言われてます。もちろんドーピング検査でひっかかるのですが(^^;


【LaPharma】スタノゾロール10mg(Stanozolol)

たんぱく質の合成を促進することにより、筋肉や骨を丈夫にしたり、赤血球を増やす効果の期待できるお薬です。
軽症の再生不良性貧血の治療に用いられることもあります。

副作用の少ないですが、ナチュラルで限界な人や、もっと気軽に筋肉を強くしたいという人向けですね。でもステロイドなので一般の人には向いてません。
使用は自己責任で!!!

◯スタノゾロール
スタノゾロール (Stanozolol) は、ジヒドロテストステロン由来のアナボリックステロイドである。ウィンストロール(経口)やウィンストロール・デポ(筋肉)の名称で商業的に販売されている。1962年にアメリカ食品医薬品局(FDA)に認可された。
アナボリックステロイドの中では比較的副作用が少ないために、ボディビルダーやスポーツ選手に一般的に使用されてます。
50mg/mLの注射または5mgの錠剤が一般的であった。しかし、最近では100mg/mLのバージョンが利用出来るようになった。5〜10mgの経口投与してから10日以内で尿中に排出する事が可能である。成人は通常、1日4〜6mgを1〜3回に分割経口投与する。
【関連する記事】
posted by プロホルモン at 22:10 | TrackBack(0) | ステロイド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

アメリカの最新のサプリメント
サプリメント先進国アメリカから、最新のサプリメントを紹介してます。
■個人輸入がお勧め
円高の今だから個人輸入がお勧め!でも直接アメリカから自分でやるのに不安な人には、アメリカに支店がある日本語で購入出来るお店がお勧め。現地価格を円で購入出来て送料も安く済むので便利です。
■関税について
輸入には関税に注意が必要です。個人の小口輸入には関税がかかりませんので、そこのところをうまく利用しましょう。
安心後払い
銀行振込・コンビニ支払いも可能で、商品受け取ってからの後払いが選択出来るので、直接個人輸入するのが不安な人・クレジットカード決済が不安な人も購入出来ます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。